日曜大工で行う壁や床のキズ補修に関する心得

subpage01

住宅は長く住み続けると壁や床にキズが生じることがあります。

表面が僅かに損傷するだけのキズが多数を占めますが、見栄えが悪いだけではなく汚れや湿気が入り込んで変色や腐食などの不具合を引き起こす可能性があります。


そのため、速やかに補修することが居住性を維持するための重要な条件です。浅く小さいキズは日曜大工で補修作業を行うケースが多いことからホームセンターなどでは専用の補修剤が販売されています。
様々な色合いの製品が売られているので、建材の質感に適した一品を選ぶことが可能です。

プロのフローリング補修情報ならこちらをご利用ください。

また、取り扱いも容易なことから誰でも手軽に作業を行うことが可能になっています。


その一方で、使い方を誤ると効果が無いうえに見栄えも悪くなってしまうため、補修を行う場所の状態を確認して適切に作業を行うことが大切です。

水気や異物が混入しないように清潔な状態にしてからキズを覆うように薬剤を塗布することで皮膜を作り、外部からの刺激を緩和させるように心がけます。



作業中は安全確保に気を配り、使用する薬剤によっては十分な換気を行うのも作業を安全に進める条件です。

自分で行う補修作業は生活の場を良好な状態に保つのが目的なので、事前に損傷した場所の状態をよく確認することが重要になります。


キズの大きさや深さによっては建材を交換するほどの大掛かりな工事が必要になるので、専門業者に作業を依頼するのが賢明な対処法です。特に築年数が長い物件は建材の劣化が進んでいることから小さい損傷でも大規模な腐食に繋がる可能性があるので注意します。

朝日新聞デジタルに関するマニアックな情報をお届けします。